産婦人科ガイド

妊娠中の不快な症状と対処法

妊娠するとホルモンのバランスや体形の変化で、つわりや腰痛、便秘など、からだに色々な変調が現れます。妊娠が原因ですから、出産すれば、多くの症状はなくなります。

つわり
妊婦さんの50〜80%に起こり、一般的に、妊娠5〜6週の頃から、胎盤が完成する14週前後まで続きます。なかには長引く人もいます。

つわりの症状は人によってさまざまですが、吐き気や嘔吐、食べ物の好みの変化、食欲不振、体重の減少、頭痛、眠気、全身の倦怠感、イライラが現れます。

赤ちゃんがこの時期必要としている栄養はわずかです。お母さんがあまり食べられず、体重が2〜3kg減っても、それほど心配することはありません。食べられるものを食べ、水分は十分にとりましょう。

ただし、つわりがひどくて急激に体重が落ちたり、水分も受け付けず脱水症状を起こしたときは要注意です。こうした症状は妊娠悪阻(にんしんおそ)と呼ばれ、入院が必要となります。

立ちくらみ・めまい
妊娠中は自律神経の働きが鈍くなり、血液が子宮に集中して脳に十分行き渡らないので、脳貧血を起こします。立ちくらみやめまいを起こすのは、貧血がひどくなった状態です。

対処法としては、1.倒れないようになにかにつかまるか、しゃがむ、2.頭を低くして横になる、3.立ち上がるときはできるだけゆっくり、などを心がけます。何回も起こすときは病院へ行きましょう。

腰痛
お腹が大きくなるうえ、骨盤の関節や人体が緩むホルモンが分泌され、腰痛が起こると考えられます。

正しいし姿勢をとる、体を冷やさないことが大切です。腹帯を巻いて腰を支える、ヒールの高い靴をはかない、長時間立たないなど日常生活を見直しましょう。妊婦体操、ストレッチ、マタニティスイミングも効果があります。

便秘
妊娠を維持するために分泌される黄体ホルモンが、腸の蠕動運動を鈍らせることが起こります。また、大きくなった子宮が腸を圧迫するのも原因です。

対処法としては、1.規則正しい食生活をする、2.水分、食物繊維を多くとる、3.朝必ずトイレに行き、排便リズムをつくる、4.散歩や運動をするなど、まず成果の改善に努めましょう。それでも治らないときは医師に相談して、緩下剤を服用します。

妊娠線
おなかや胸が急激に大きくなると、皮膚も急に伸びますが、その伸びるスピードに皮下組織が追いつけず、断裂ができます。そこから毛細血管が透けて見えるのが妊娠線です。正式には「線状皮膚萎縮症」といいます。妊娠線の出方は個人差が大きく、1本の人もいれば10本以上出る人もいます。

産後はあまり目立たなくなりますが、完全に消えるということはありませんので、予防が大切です。肌が乾燥したり硬くなると妊娠線ができやすくなるので、妊娠2〜3ヶ月目から保湿成分の入った「妊娠線予防クリーム」を使用するとよいでしょう。今まで乾燥肌とは無縁だった人も、妊娠によるホルモンバランスの乱れで、肌が乾燥する人も少なくないので注意が必要です。

このページのトップへ

産婦人科の基礎知識