産婦人科ガイド

出産の前に産休と育休の制度をよく知っておきましょう

産休(産前産後休業)は労働基準法で定められた制度で、出産予定日を基準に産前休業を最低6週間、産後休業を最低8週間とることができます。トータルで14週間休めると言うことではなく、産前と産後に分かれているので間違えないようにしましょう。

産休に入る日を決めてあっても、引継ぎなどの仕事の都合によって多少遅れることもあるでしょう。なかには出産予定日の間際まで仕事をしていると言うケースもあります。

しかし、産後8週間は仕事をすることが法律で禁止されているため、産後は必ず決められた期間を休まなくてはなりません。

産休は母子の健康のため、なるべく規定どおりとれるようにしたいものです。でも、法律で定められた休みだから休んで当然という考え方では職場でいい印象はもたれないようです。

多かれ少なかれ、休み中は上司や同僚に負担をかけるのは確かなので、「ご迷惑をおかけします」という気持ちを持ち続けることが大切です。

育休
育児休業は育児・介護休業法で定められている制度のことで、1歳に満たない子供を養育している父母は育児休業をとることが認められています(子供が1歳を超えても、休業が必要と認められる場合は、1歳6ヶ月に達するまで育児休業を延長することが可能です)。

これは養子縁組した子供でも同様です。ただし育休は一人の子供に対して1回、連続した期間でとらなくてはなりません。例えば3ヶ月育休をとって仕事に復帰した後、もう1ヶ月育休を取ると言うことは認められないということです。

育児休業は、契約社員など「期間を定めて雇用される者」も対象となります。

産婦人科の基礎知識