産婦人科ガイド

里帰り出産のポイント

里帰り出産のリスクのみが議論される事が多いのですが、特に初産婦の方は産後の育児、家事等心身共に疲れ、ストレスのため、マタニティーブルーになる危険性も実家で過ごすことにより精神的、心身的なサポートもうまく出来るというメリットもあります。

さらに、2〜3時間の移動なら、出産後、退院時に実家へ赤ちゃんと移動することも可能です。この場合、同じ出産施設に出産までいることができるので、お父さんの立会いも可能になります。

里帰り出産で実家に帰る場合は、遅くても妊娠34〜36週までにしましょう。また、受け入れる出産施設とスムーズな手続きができるよう、通っている出産施設に早めに伝えておくことも大切です。

里帰り出産をするとどうしても親に甘えてしまい、わがままになる傾向があります。里帰りボケにならないように、自分のことは自分でする、ということを忘れないようにしましょう。

産婦人科の基礎知識