産婦人科ガイド

妊娠がわかったら母子健康手帳の手続きをしましょう

母子健康手帳には、お母さんと赤ちゃんの状態や経過、出産に必要な検査結果、出産のときの様子まで、さまざまな情報を記録できます。

住んでいる地域の市区町村や保健所で妊娠届けを提出すればその場でもらえます。届出方法は、必要事項をこきこみ印鑑を押して提出するだけと非常に簡単です。妊娠がわかったら、なるべく早くもらいましょう。

母子健康手帳は、お母さんと赤ちゃんの状態や検査結果を書き込めるので、定期健診、母親学級などでは特に必要になります。お母さんの歯の状態も記録できるので、歯科医にいくときも持っていきましょう。

また、母子健康手帳は出産後の予防接種や健診にも必要になります。赤ちゃんが小学校にあがるまでは、いつでも取り出せる場所に大切に保管しておきましょう。

母子健康手帳の内容はほぼ全国統一なので、妊娠中に引っ越しても、転居先でそのまま使えます。母子健康手帳をなくしたら再発行してもらえますが、担当医師にそれまでの赤ちゃんのデータを忘れずに再度記入してもらってください。

なお、赤ちゃんが双子や三つ子の場合は、赤ちゃん一人につき1冊もらえます。

このページのトップへ

産婦人科の基礎知識