産婦人科ガイド

逆子(骨盤位)

普通、赤ちゃんは妊娠30週(8ヶ月半ば)を過ぎると頭を下にした姿勢(頭位)をとりますが、なかには足やおしりが下にくることもあります、これが逆子(骨盤位)で、出産時の妊婦さんの約5%にみられるといわれています。

戻る時期はさまざまですが、健診で「逆子ですね」と言われても、多くの場合、出産時には順位に戻っているので、あせらずゆったりした気持ちで過ごしましょう。

原因
多くは原因不明ですが、前置胎盤や、子宮筋腫があるときなども原因になります。

赤ちゃんへの影響
前期破水を起こしやすく、早産の可能性が高くなるといわれています。胎児がおしりから出る場合は経膣分娩をすることもありますが、足が下にあって頭が最後に出る場合は、難産になりやすいので、多くは帝王切開になります。

妊娠30〜32週のころ、逆子体操(胸膝位)をすると効果があるようです。ただ一般的に、胎児の動きが固定する妊娠34週以降は、効果がないと考えられます。

なお、体操などをする場合は主治医から指導を受け、注意を守りながら行ないましょう。医師がおなかの外から赤ちゃんを回転させる「外回転術」は産院でもやっているところといないところがあります。

このページのトップへ

産婦人科の基礎知識