産婦人科ガイド

前期破水

破水は、赤ちゃんや羊水を含んでいる卵幕が破れて、羊水が流れ出ることをいいます。正常な破水は、陣痛が始まってから起きますが、子宮口があまり開いていなくて、陣痛もないのに破水することがあります。これが前期破水です。

症状としては、生温かい、水のようなものがバシャっと出ることもあれば、チョロチョロと少量ずつ出る破水もあります。尿漏れと区別がつきにくいこともありますが、破水は自分の意思で止められないこと、また、少し生ぐさいにおいがすることなのでわかります。

原因
膣内が細菌に感染して、膣炎などを起こし、卵膜が破れるのが大きな要因と考えられています。

赤ちゃんへの影響
早産の約30%は前期破水が原因といわれるように、破水すると陣痛がおきやすく、早産になる確率が高くなります。また、胎児、細菌感染する危険性も出てきます。

治療
妊娠週数、陣痛があるかどうか、胎児が細菌感染しているかどうかによって、早産させるか、妊娠を持続させるかを決めますが、施設や医師によって見解が異なります。

このページのトップへ

産婦人科の基礎知識